×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOMEGAME>勇者の育て方教えます。



「勇者育成所の先生になって、無事2人(蔵馬・飛影)を勇者に育ててください。」

お知らせ


・小説始めました。■魔王が勇者〜勇者育成所始めました〜

このゲームの数年後の小説があります。
世界観は同じですが、別のオリジナル主人公(「魔王様と私」)
が織り成すコミカル・ファンタジー。

・主人公如月 → キサラギとして「3話 紅茶と勇者さま〜」出演中
・鴉もおそらく → クロエという名前で出演予定です。
・蔵馬 → 未定 (プランツと言う名前で出るかも)
・飛影 → 未定 



ストーリー  キャラクタ  システム

 ソ フ ト名 → 【勇者の育て方教えます。】
 ジャ ン ル → 育成シュミレーション
 動作環境 → Win専用
 形   式 → フリーソフト(無料)
 
 *今後体験版はシステム追加し次第、
     随時UPしていきます。
-体験版について
主人公と鴉の話のやり取りが絶妙です(笑)


■体験版は15日までの育成になります
■イラスト(顔小)のみ(色付いてあったり無かったり)
■蔵馬・飛影・鴉の信頼度が、10以上になれば、夜会イベント@が見られます
■育成ノート(2ページ目)で埋められるのは
  好きな食べ物@
  勇者志望理由@ の2つのみです。
■やや、若干、蔵馬の方が魔力・器用さの成長率が高く、飛影の方が攻撃の成長高し。
DL(体験版・917KB)
-INFOMATION
本当は完成させる予定はなかったのですが、「反響なかったら、完成させません」って書いておいたら、何だか、反響もいい具合なので、
      ↓
アンケートに、「続き楽しみです。はまりました。」etcのコメントありがとうございます。身震いするほど嬉しいです。
      ↑
ちょこちょこ作成しています。今のところ、完成のメドはたっていませんが、体験版バージョン2として、新しく追加次第、UPしていきます。とかそんな感じです。






 <ストーリー>

ストーリー  キャラクタ  システム
-STORY
 勇者を育てる育成ゲームです。

勇者育成所のマスター(先生)になって、お弟子さん(蔵馬・飛影)を勇者に育て下さい。 見事、2人を勇者に育て上げる事ができるでしょうか?
育て方によって、戦士、魔術師、狩人、精霊使い、英雄・・・、になります(未定)

 今のところ、30日の育成期間(体験版は15日)で考えています。ちなみにノリはかなりめです(笑)
-世界観
魔物と人間、剣と魔法の世界(たぶんι)。魔王を倒すべく、勇者の育成が盛んに行われている模様です。また、勇者は憧れの職業であるらしいですが、勇者になれるのは、少数だそうです。






<キャラクタ>

ストーリー  キャラクタ  システム
-登場人物-

主人公及び協力者?

如月 kisaragi


「今日もご苦労さん、ゆっくり休んでおくれよ」
主人公で勇者育成所の先生兼経営者。

基本的に苦労性で、鴉の言動に対して1人ボケ突っ込み役に今のところ納まっている(笑)
また、生徒がいつも少なく、経営もかなり苦しいらしい(苦笑)
童顔が悩みで、少しでも威厳を持たせようと、メガネを常時かけている。ちなみに視力は良い。

 年齢は32才


karasu
「気持ち悪い・・・?
 くくくっ・・・、お前の浮かれた様子がか?」
主人公の共同経営者。マイペースで、いつも、漂々としており仕事をしているのを見たことがない。用もなく深夜、主人公の部屋に出没するあたり、主人公とは相性がいいらしい。
基本的に、何事にも興味がないが、実は、かなり名うての鑑定士であり、宝石等の綺麗なモノ(人物含む)が好き。 

年齢は32才。

美由鬼 miyuki

「おボケになりまして?如月お兄様・・・」
鴉の家族。主人公と幼い頃から、家族ぐるみで付き合いがあるためか、主人公を 「如月お兄様」と呼ぶ。兄の鴉とは10才はなれている。
多少惚れっぽい性格で、今のところ、飛影に熱を上げている(?)基本的に、小さくて可愛い物がすき。 

年齢は22才


-お弟子さん-
育成できるキャラ

蔵馬 kurama
「マスター聞いて下さい。俺、アイテムとって来ましたよ」
勇者を目指す青年。礼儀正しく、優しげな面持ちだが、時折見せる憂いを帯びた表情に彼の辛い過去がうかがえる。何故、勇者になりたいのか、故郷のことなど、あまり話そうとしない。
また、何を犠牲にしても、生き残ろうとする意思と、己を犠牲にしても、他者を守ろうとするような
相反する両面の混在する人物でもある。基本的に、何か深い事情を抱えているようだが、
それを微塵も感じさせないところに、彼の強さがうかがえる。 年齢は18才

飛影 hiei
「貴様のなまぬるい修行よりはましだ。」
蔵馬とともに勇者育成所に現れた青年。
青年と言うよりも、少年の面持ちの強い人物であるが、鋭い眼差しと荒々しい乱暴な口調が印象的。常に、自己を鍛える事を念頭に置き、
異常なまでに強さを求める傾向にある。また、早く勇者にならねばと、強い焦りもみられる。
だが時折、理路整然と物事を言い当てる辺り、彼の育ちのよさ、教養の高さがうかがえる。
何かの為に勇者を目指すようだが、それはいまだ不明。 年齢は16才






<システム>

ストーリー  キャラクタ  システム
育成その1

パラメーター

1日に1回、蔵馬か飛影のどちらかの育成ができます。

 ・魔法講座 → 魔力UP
 ・剣技訓練 → 攻撃UP
 ・鑑定(鴉のみ)

ちなみにこれはあくまで予定であって、大幅に変わる可能性が高いですけど(汗)

で、何日か過ぎると
 ・魔物退治
 ・お茶会

とか、コマンドが変化していきます。

 パラメーターは
   ・魔力 
   ・攻撃 
   ・器用 
   ・疲労 
   ・経験値
育成その2

突発イベント
んで、

10日ぐらいからかな?(というかいい加減すぎ/苦笑)突発イベントが出てきて、

 「そう言えば、ダンジョンの調査頼まれてたんだよね」とか
 「どちらの勇者さまをお貸しいただけるの?」     とか
 「さあ、私の為に、***を買って来るがいい」
     とか

  (ダンジョンへ調査・雇用・買物)etcなどなど

育成をジャマするものが出てきたりこなかったり(汗)
まあ、ダンジョン調査とか、魔物退治とか、言っても実際にダンジョンには行きませんけどね。

        で、

(別に興味ないかも知れませんが・・)コマンドは(1日で)
  ・突発イベントコマンド(あったりなかったり)
         ↓
  ・通常(育成)コマンド の順番で発生します
育成その3

魔法/技の習得
育成の度合いによって。
魔法覚えたり、技覚えたりしていきます

「マスター、俺、魔法レベルが上がったみたいですよ?魔法、教えてくれませんか?」
「おい、俺の剣技レベルが上がった、技を教えろ」


と言った、セリフが入ります。

魔法は 「火・水・光・闇・竜召還」
技  は 「剣・弓・体術」       を覚えさせることができます
お茶会 その名の通りお茶をのんで、蔵馬や飛影と楽しい(?)お話をするコマンドです。
疲労を解消させる事が出来ます。ちなみに鴉ともお茶会をする事ができます(苦笑)
お茶会で彼らが好きな、お菓子(とか)を用意すると、信頼がさらにUPしたり、とか。

鴉の鑑定 蔵馬・飛影がダンジョンで取ってきたアイテムの鑑定をしてもらいます。
このゲームでは、「お店にいって、アイテムを買う」という行動はできないので、鴉の鑑定によってアイテムを入手しておく事が常套手段(=ありふれた方法)となります。ので、ヒマができたら、鴉に「アイテム鑑定」させるのが無難でしょう。

ちなみにアイテム入手は、
器用さが大きければ大きいほどたくさん持って帰ってきます(蔵・飛が)
お弟子さん
貸 出
蔵馬・飛影を現役パーティーに貸し出すシステムです。
時々、美由鬼が「貸出リスト」を持って現れます。


■条件にあった生徒を貸し出す  →と、「お金」「経験値」がたくさんもらえます。
■断る、選んだ生徒が条件以下 →だと、「育成所の評価」がえらく下がります。

 条件:魔王使い(魔法を3つ以上使える)とか
 条件:狩人   (弓わざ3以上取得)

魔法や技は、日ごろの鍛錬で、生徒達に教え込むのがよいでしょう。
おそらく、この貸出をうまく利用できたかできないかによって、勇者に育てられるか否かが決定します(←完成版ではそんな予定。)


-Game部屋へ-